人生を堪能する遊びの事なら,kikeys barへどうぞ

フィアット850スペシャル

 

 

 

 

 

1960年代のモデルになります。

 

 

販売期間は1964年〜1971年と発表されています。

 

2ドアセダンと言う変わった呼び名ですが

 

BMWにも2002やE21なんかにありましたね

 

 

おっさん世代には懐かしい〜

 

となりますが

 

若い世代にはどう映るんでしょうか?

 

 

 

 

 

わずか850ccの排気量ですが

 

重量が670sしかありませんので

 

47馬力程度のエンジンでも

 

それほどストレスは無く走れるでしょう。

 

 

 

 

昔の車!!って感じの眺めです

 

まさに

 

運転席って呼び方がしっくりきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントフードにはバッテリーとスペアが・・・

 

 

 

この車

 

リアエンジンで御座います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンルーム狭いが

 

 

ガラガラなんで手を入れやすいです

 

 

余計なカバーが無いので

 

整備する側は嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライブシャフトのブーツ交換

 

 

ブーツは

 

バンドで止めない?

 

カパッ!って被せて

 

プレートで抑えるだけ・・・

 

 

 

おぉぉ〜〜〜

 

何てシンプルなんだ!

 

 

デフ側のジョイント

 

コマが落ちてしまうので

 

組み付ける時は要注意!

 

 

ありえない程のバックラッシュが出来てしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い車には

 

それぞれの作法が有り

 

考えさせられる事が一杯あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィアット850エンジン

 

 

 

 

 

 

 

昔の車は良いねぇ

 

 

簡単にエンジン降りちゃう

 

 

 

 

 

 

 

量産車なのにねぇ

 

エキゾーストなんか手間かかった奴が付いてます。

 

この時代

 

国産だと鋳造物の性能無視な感じの物が付いていると言うのに・・・

 

 

懐かしい!!

 

 

OHVエンジンどす!

 

 

 

 

 

 

 

ガスケットが飛んでました!

 

昔は良く有った修理です

 

 

 

今じゃ

 

 

エンジンばらす作業なんてほとんど無い

 

 

オーバーサイズのピストンすら

 

 

部品の設定に存在しないほど・・・

 

 

 

 

 

 

 

傷をオイルストーンでゴシゴシと・・・・・

 

ゴシゴシ ゴシゴシ・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃしんどいやん!!!

 

 

 

かなり頑張りましたよぅ

 

 

 

 

 

んで

 

 

 

ヘッドガスケットに使えるエキパイパッキンをプラスして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

規定トルク、スタンダードで3.5s

 

ハイコンプで5.5s

 

 

ちょっと低すぎる気が・・・・

 

 

スペシャルはクーペの初期モデルと同じ出力で47馬力

 

850初期のベルリーナは34馬力(ノルマーレ)

 

又は37馬力(スーパー)

 

そして1600ccのアバルト  DOHCで150馬力最高速度210km/hもある。

 

クーペの後期には排気量903ccにアップされ

 

52馬力になっている。

 

 

まぁ

 

 

フェラーリの時にも驚かされたが

 

イタリアのトルク管理はかなり大雑把!

 

 

品質のばらつきが大きすぎで

 

ここから〜〜〜〜〜ここぐらい!!

 

みたいな数値でしめてみてぇ〜

 

 

ってな感じになってます。

 

 

 

要は

 

 

手の感覚で判るやろ!?

 

って言うてるみたいやね

 

 

 

 

そら

 

当たりはずれの車が出来上がるはずやわ。

 

 

 

組み手によって調子が違う

 

 

これ

 

 

イタリア車の隠れた常識。

 

 

 

 

古い車は

 

こんな楽しみ?もある。

 

 

奥が深いぜよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイルフィルターが無ぇ〜〜!!

 

 

 

 

 

 

  オイルフィルター何処にも付いてないんで

 

探しまくったですよ〜〜〜

 

 

 

 で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クランクプーリーの中に有る??????

 

 

なんじゃそりゃ?

 

 

 

 

 

 

 

 

クランクプーリー分解出来て

 

 

その中で遠心分離機状態で

 

ゴミを取る方式だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて見ましたよ

 

 

こんなの

 

 

 

 

優れた効果は期待できないが

 

 

今のオイル性能だと十分かもしれんなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

いろんな切り口で車作ってた時代です

 

 

おぉ〜〜!

 

っていう発見が一杯で

 

 

古い車は楽しいぞぉ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三菱 ミニカ

 

 

 

 

 

 今じゃ日本車は世界のトップレベルの性能と品質を確立していますが

 

60年代70年代はまだまだ世界に追いついていない状態でした。

 

 

模倣していた技術が沢山あり

 

サル真似とも言われていた事もあります。

 

 

今になって過去を振り返り

 

 

当時の製品達を

 

じっくり見てみると

 

 

技術者達の熱い想いがひしひしと感じられる事が有ります。

 

 

 

何と言われようと

 

自分たちの製品を一生懸命作っていた

 

そんな気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしい!! と言う人は

 

かなり昭和の人です。

 

しかも前半の年代でしょう。

 

 

 

私も記憶があいまいですが

 

見たような

 

見た事無い様な・・・・

 

 

スバルの360なら記憶に残っているんですがね。

 

 

 

 

昭和の中頃

 

軽四輪自動車やオート三輪の小さいやつは

 

車検が無かったような気がします。

 

 

ずっと後になってから

 

車検も必要だと言う事になり

 

普通車と同じく2年ごとの車検制度が取り入れられた

 

そんな流れだったと思います。

 

 

排気量も小さかったですね

 

確か360cc程度だったでしょう。

 

それ以下の時代も有ったらしいが

 

そんなエンジンで

 

まともに四輪車を動かせられる訳がない。

 

 

あったとしても

 

私は知らない。

 

 

自分の記憶の中で

 

最古の軽四は

 

スバル360ですね。

 

 

 

スバル360は有名で

 

ご存じの方も多いでしょう。

 

 

ワーゲン・ビートルに似た

 

丸っこい形で

 

テントウ虫というニックネームが付いていたそうです。

 

写真見ると

 

ほんと可愛いです。

 

 

 

今でも現役車が存在し

 

 

ミーティングもあるそうです。

 

 

 

 

 

 

こんな事言ったら怒られるかも知れませんが

 

後ろのピラー辺りの造形が

 

フェラーリの328のとかぶってしまうのです。

 

 

オーナーにはなりませんでしたが

 

短い間、328をドライブした事があります。

 

 

 

走っては眺め、眺めては走り・・・

 

見ているだけでも飽きませんでした。

 

 

あの車も

 

作り手達は

 

熱い心で取り組んでいた事でしょう。

 

 

リアウィンドウを立ててピラーを寝かせる・・・

 

 

このデザインが私の琴線にふれるのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り降りが意外とし易い!

 

慣れるまで戸惑うが。

 

 

 

何が正解か判らず、手探りの時代でしたから

 

えっ???

 

っていう様なロジックが色々有ります。

 

 

各メーカー知恵を絞ってアイディアを競ってましたから

 

 

この時代の車

 

 

今、改めて見ると

 

大変面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今も昔も、そろばん弾いて車を作っていたには違い無いが

 

 

ここの所

 

 

やけに立派です

 

 

メーカーさんが心血注いで育てた子供の様なものですから

 

 

紋所はドン!!と

 

前面に出ています。

 

 

 

今の車の様な

 

 

樹脂製や、何ならシール・・・・・

 

 

みたいな見すぼらしい物ではありません。

 

 

 

くだらない事ですが

 

 

良い物を持ちたいという人達には

 

 

響く部分だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2サイクルの2気筒エンジンです

 

 

発進時のトルク不足があるので

 

 

コツが必要

 

 

でもまぁ

 

 

直ぐに慣れるでしょう

 

 

私も免許取りたての頃は

 

 

2サイクルの軽トラックに載ってましたから

 

 

難しくは無いでしょう

 

 

あっ!

 

 

マニュアルミッションだから

 

 

クラッチ操作が有るか!?

 

 

じゃ

 

 

今風の子達には難しいかもね・・・

 

 

 

今じゃフェラーリだって

 

クラッチペダルが無い時代です

 

 

 

操作の面倒な

 

 

こんなクラシックカーは

 

 

一部のマニアしか興味を示さないでしょうが

 

 

そこがカッコイイ!

 

 

と言う自分が居ます。

 

 

これ

 

 

思いっきり自己満の世界ですね。

 

 

 

 

良いじゃぁあ〜〜りませんか

 

 

趣味の世界ですもの。

 

 

 

 

ね〜〜〜〜〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連ページ

ポルシェ初心者心得
締め付けトルク 空冷ポルシェ
ポルシェ911SC
35年前の車なので、あちこちめげてる車多いです 妥協点を見つけるのが難しいモデルです。
ポルシェ911(タイプ964)のエンジンのオイル交換
ポルシェ911ツインディスビ
ポルシェ911 雨漏れ フロントフード編
雨漏れ修理は大変よ〜!!
ポルシェ911フューエルポンプ交換911(964)
ポルシェ911(964)ベルト交換
ポルシェ911 エバポレーター交換
ポルシェ911(タイプ996)
ポルシェ911(964)ブレーキパット交換
エアコン・フラップモーター(ポルシェ964系)
ポルシェ928
ポルシェ928 エンジン始動不良
ポルシェ928 パワーウィンドウ/サンルーフ リレーユニット
ポルシェ928 エバポレーター交換
ポルシェ928 トルクチューブ
ポルシェカレラ4のフロントデフ下ろしてみた
ポルシェ カイエン
ベンツA180
ジャガー ダブルシックス
ヤマハ ビラーゴ250
BMW M6
ガラスコーティング
古いバイクを直しましょう        スズキマメタン OR50
懐かしの古いバイクに乗りたくなり 不動車を何とか動く様にとやってみる・・・ そんなシリーズです
ホンダステップワゴン(RF3)エンスト
アウディ TT ロードスター
トヨタ ボクシー VOXY サイドブレーキ強制リリース
スバル アウトバックのタイミングベルト交換してみた
マセラティ クーペ

ninjya



 
トップページ お酒の事 音楽の話 バイクと車 ベランダ菜園 ラブさんたの部屋